建物の壁面を緑で覆うことで、地球環境や都市に貢献

地球温暖化対策に有効な屋上緑化と壁面緑化

地球温暖化の進行により、平均気温の上昇や気候変動などさまざまな問題が私たちの生活に大きな影響を与え始めています。対策が急務となる現在において改めて都市の緑化に目が向けられ、そのひとつの手法として建物の表面を緑で覆う屋上緑化や壁面緑化が注目されています。建物の表面を緑で覆うことには、都市部において深刻な気温の上昇やヒートアイランド現象を直接緩和する効果があります。また同時に建築物の断熱効果を向上させ、それが省エネルギー化へとつながる好循環を生み出すことも可能です。そのため特に壁面緑化は屋上緑化とは異なり比較的導入しやすいこともあり、一般家庭へも急速に広がりを見せ始めています。

壁面緑化にあるさまざまなメリットとは

建物の表面を緑で覆う際に屋上の場合ではそれに適した屋根の構造が不可欠で、同時に本格的な施工が必要となることがほとんどです。その一方で壁面緑化は壁の造りにかかわらず、基本的にどのような壁面にも取り入れることができます。また必ずしも大がかりな施工を必要とせず、いわゆる緑のカーテンのように家庭園芸やDIYの感覚で設置することも十分可能です。そのため一般にも浸透しやすく、壁面緑化は地球温暖化問題への有効な対策のひとつとなっていると言ってもよいでしょう。それだけでなく、緑による美しい都市景観の形成や潤いのある街づくりにも大きく貢献できるのが壁面緑化の魅力です。同時に植物の光合成を利用することで、都市の空気を綺麗にしてくれるメリットもあります。

壁面緑化は、商業施設やホテル、ビルなどの建物の壁を植物で覆うことです。植物の緑によって華やかに見えるだけでなく、省エネや断熱、保温といった効果が得られるといわれています。