喜ばれるカタログギフト!選ぶ時のポイント

料金システムを理解しておく

現在日本でも定番の贈り物として人気となっているのが、カタログギフトです。受け取った相手は好きなものを選ぶことができ、贈る側も何を選んだら良いかで頭を悩ませる必要がないという、双方にとってメリットがある方法となっています。カタログによって金額に違いがあり、選べるのは良い点ですがその際にはシステム料には気をつけなくてはなりません。カタログやメッセージカード、包装紙やハガキ代、送料などがありますが、それが料金に含まれているのか別途追加で必要になるかに注目しておくべきです。

カタログにシステム料金が含まれていると、相手が選べる商品の金額が下がってしまうことになります。そうなると商品だけを見ると金額に見合わないと感じる場合があるので、料金の仕組みや商品を理解しておくべきです。基本的にはシステム料金は贈り物の金額には含めずに考えることが、マナーとなっています。

贈る相手やシーンに合わせる

一口にカタログギフトといっても様々な種類が存在しており、料金の違いにより選べるアイテムに違いがあるのはもちろんのこと、シーンにより適しているカタログにも違いがあるので気を付けましょう。冠婚葬祭ごとに適している表紙があったり、年齢に合わせてぴったりのアイテムが掲載されているのかという違いにも注目しておく必要があります。近年ではエステサロンや食事券、クルージングといった体験型のギフトを選ぶことができるカタログも増えており、様々な年齢層の人に喜んでもらえるアイテムとなっています。

カタログギフトはカタログの中から、さまざまな商品を選べます。お得なものを選びたいという場合には、ブランドアイテムなどが値崩れしにくく人気です。普段自分では、購入しない生鮮食品などを選ぶのも無難です。