若者を中心に主流となっているファストファッション

流行に沿ったブランドを素早く世界規模で普及させる

最新の流行を取り入れつつ、流行自体が陳腐化する前に世界規模でブランド自体を普及させる方法としての、ファストファッションという概念が、若者を中心に広まっています。日本では、2009年にファストファッションという言葉が流行りましたが、現在では、大手の衣料品チェーン店が積極的に展開している点が特徴です。

直営店販売により低価格で提供

世界規模で展開するブランドの場合、都市部にある軍艦店を中心に、世界各地の有名商業施設等でも取り扱う等、販売経路が豊富に整っています。しかし、ファストファッションの場合は、ブランドを取り扱う会社が製造から販売まで担当し、販売ルートも直営店のみに限定されているといった点で大きく差別化されています。また、最新のトレンドを把握した瞬間から、企画、製造販売のスピードを上げる形で展開する点が大きな特徴です。自社工場での大量生産が実現できるだけでなく、販売等にかかるコストも大きく削減できるため、低価格で消費者に対して販売できるといったメリットを生み出します。なお、ファストファッションの場合は、世界規模で展開するブランドとは異なり、たとえ人気が出たラインナップであっても、その時点で生産期間を延長する措置を取らないルールがあります。

ブランド競合が発生しにくい

ブランドを保有する会社の方針により、販売対象となるメインターゲットや価格帯等がある程度決まっている関係で、他社同士のブランドによる競合が発生しにくい点も特徴です。多くのブランド品を低価格で提供するといった性質上、特定の支持者を確保する販売戦略を採用して、競争を避け販売費を節約するといった意味合いもあります。

vapeは、フレーバーのついたリキッドを加熱することで気化させ煙を吸うアイテムです。国内で販売されているリキッドは、規制によりニコチン入りのものはないのでニコチン中毒になることが心配な人でも吸えます。